[G-Search]ジー・サーチ データベースサービス信頼性の高いビジネス情報を、より早く、より安く

お問合せ・お見積り

会員登録

不動産賃貸や売買時のコンプライアンス・リスク管理

不動産取引のリスク管理として、貸主や売主のコンプライアンスチェックが求められています

2007年6月に政府指針「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針」が出され、2011年には東京都と沖縄で暴力団排除条例が施行されたことにより、現在では全国の都道府県すべてで条例が施行されています。不動産業界においても業務において、適正を確保するために必要な条例遵守・リスク管理事項としてチェック体制の整備・実施が求められています。
このチェック体制にG-Searchデータベースサービスが活用できます。

新聞・雑誌記事をコンプライアンスチェックに利用する不動産会社が増えています

取引先に不祥事が無いか確認したい

新規の借家人や既存契約の更新時など、契約者の与信調査をする際に、コンプライアンスの側面で調査した情報を、リスク管理に活用することが注目されています。
こうしたコンプライアンスチェックの手段として、新聞記事データベースを使ったチェックをする不動産会社が増えています。新聞記事データベースには、過去の事件や事故の情報が収録されています。新聞記事は、ネット情報など不確かな情報に比べ信頼性が非常に高く、取引先のコンプライアンス違反に関わる出来事が無かったかをチェックすることに役立ちます。 また、自社やグループ会社の内部統制の調査にも有効です。

地域に密着した「地方紙」で、細かな事件・事故までチェックできます

地方の取引先を調べたい場合、全国紙の記事には情報が掲載されていないケースがあります。こうした地方の情報は、地域に密着した情報を掲載する「地方紙」が便利です。

G-Searchデータベースサービスなら、北海道から沖縄まで、各都道府県の「地方紙」の記事データベースが利用できます。また、全国紙にも各地域のみに配布される地域版の記事も収録しているので、併せて活用することで、コンプライアンス違反に関する小規模な情報まで調査することが可能です。

全国紙には載らないニュースが見れる

調査のお悩みを解決

こんな方はご相談ください
  • 期日までに大量のチェックをしたい
  • チェック対象が膨大で検索しきれない
  • 1件ずつ検索するのは面倒
  • 継続チェックする時間が無い
  • 検索条件がわからない
  • プロセス化(手順化)を迫られている
  • 検索履歴をエビデンスとして残したい

契約者のコンプライアンスチェックは、一度調べた契約者でも定期的に再調査するチェック体制を整えることが重要です。また、新たに調査を始める際には、大量なチェックが必要なケースもあります。

こうした定期的なチェック体制のフロー化が必要な場合や、一度に大量のチェックが必要な場合。期日までに調査を終わらせないといけない場合。調査結果のエビデンスが必要な場合など、コンプライアンスチェックでお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

当社がお客様に代わり検索する「一括調査の代行検索」や、プロセス化を目指した「お客様の管理システムとの連携」も可能です。

一括調査代行検索のお問合せ

ご検討中の方へ

G-Searchならコストを抑えて賢く使える!導入のメリットをご案内します。

データベースを活用したコンプライアンス調査のノウハウ

- 目次 -

  • コンプライアンスチェックが必要とされる背景
  • 政府指針を受けた各業界の対応
  • コンプライアンスチェックのプロセス(社内体制)
  • 記事データベースによるコンプライアンスチェックの課題

ダウンロード

導入サポート

今すぐ使いたいなら個人・法人様向けプラン

クレカ会員登録する

基本料 300円/月額

請求書支払、グループ利用したいなら法人様向けプラン

法人会員登録する

基本料 6,000円/年額

会員登録のご案内

ページの先頭に戻る